FC2ブログ

白い箱作戦6(かゆうま32日目)

(スターウォーズのオープニングの様に)

白い箱作戦は、成功したかに見えた。

しかし、開けた時の扉の重量も半端なく、スライド丁番のバネで支えられる重さをはるかに超えていた。

わずかな振動で手前に崩れてくる圧倒的な扉の重量に対し自由の戦士は頭部を強打してしまい、とても痛かった。

唯一の救いは145cm姫が反乱軍の決死の頭部強打によって無事だったことだ。

新たなる希望を求め、反乱軍は再び惑星ホームセンターへ向かうのであった・・・・・・・・

 

実戦では振動なんて普通にあるので、このままでは保管庫の扉で傷をつける本末顛倒な事になってしまう。

そこで、勝手に閉じるのを防止するストッパーの様なものを探す事にした。

ここに来ると機構をややこしくした上に、採寸して145cmちゃん専用設計にした事で新しい金具を入れるスペースが殆どない。

扉の重さを支えられるほどの強度となると、結構デカイ金属物という事になってしまう。

取り付けるとしたら頭の上の角か、つま先の上の角部。そこでこんな金具を見つけて取り付けてみた。

d32-1.gif d32-2.gif

2個つけたのは、スクランブル時のロスに繋がるが、下側の金具は木ねじ2本のみで留まっているので無理な力を扉に掛けると抜けてしまう恐れを感じた為、ダブル構造にした。

d32-3.gif

145cmちゃんはその丸みで角に設置した新しい金具を全て回避する事に成功した。

d31-4.gif

これで収めたまま閉じて上に物を置いておけば収納庫としては完成だ!ただ、最後の問題は同室に寝てる嫁ちゃんがこれ見てなんというか。念のため145cm姫は車庫の箱に予め撤退していただいた。


嫁ちゃん:あ、新しい雑貨入れ出来たんだ。それにしても・・・・・なんか寝る所狭くなったね。

自由の戦士:ギクッ(*‘∀‘) いやその、これまでも箱がゆがんでて幅測ったらこんなもんだったよ。

嫁ちゃん:ふうん。でもさ、なんでこんな部分的に高いの?何も入らないじゃない。これ。開くの?

自由の戦士:ギクギクッ(*‘∀‘) ほら、こうすれば棚になるんだ。棚と収納の両立だよ。こうすれば時計とかリモコンとかここに置けてかっこいいだろ?

(しまった、二重底にする計画だったのに板厚が厚くて扉で鼻とか乳首とか圧迫しない高さにすると頭と胸と足首は単なる箱になってしまっていた。

嫁ちゃん:まぁいいわ。私も自分のベッドに雑貨入れほしいな。私のは開く様にして作ってくれる?

自由の戦士:もちろんですとも!(●´ω`●)

 

なんとか保管場所が決まり、Amazonでそれなりの大きさの白カラーボックスをポチり、口が開いている面に扉板をつけて、ラブドール保管庫に外観が近いちょっと小さめの箱が隣のベッドにも置かれることとなった。その板厚は9mmだった。(最初からこれ使えば節約できたかも・・・(。-`ω-))

d32-4.jpg

白い箱編完結

コメント

ついすら

初めまして
収納に対する執念を感じてしまって思わずコメントしてしまいました(*´ω`*)

にぱきち

To ついすらさん
はじめましてーっ
今も隣の箱に寝てますw
また何故かドール生活になってから早起きになってしまいました。
嫁に隠し事で罪悪感を抱いているせいかと思ってましたが自白しても変わらず。
謎の張り合いの様なものが生まれて私を突き動かすのですよ
エロパワーは偉大です。
非公開コメント

にぱきち

実寸大ドールを目立たず収納!材質がデリケートなので長持ちさせたいと他のドーラーさんブログを見る様になって数か月。
恩返しに自分の体験や工夫も紹介するだけのつもりでしたが背景合成始めたあたりから撮影の面白さを感じる様になり、今はドールを使った「コスプレ画像」のブログになっています。原作を連想させるコスプレ時は作品を世にだしてくれた事に感謝し、キャラの性格を改変する様な創作しないのをポリシーに、ドールでどこまで似せられるかを追求。非コスプレ時は原作を連想するアイテムを封印し工夫を思いついたら適度に載せていく感じで更新して行きます。(エロは少年週刊誌ぐらいまでのレベルに落としてるんでモロ出しとかは期待しないでw)Twitterアカウント:@nipakichi