FC2ブログ

デザート(ごほうび)の嵐作戦8(かゆうま86日目)

翌日、涼しいうちにメイド回をやりきった・・・

と安堵して自分のブログを確認してると・・・(●´ω`●)

天の声:このっ

d86-1.jpg

天の声:むのーッ

自由の戦士:な、なんだ!?( ゚Д゚)

天の声:なにがやりきったよ?ただホウキ持って立たせただけでしょ?あそび?あそびなの!?

天の声:このまま終わらせる気?この後の結末知ってて期待してた人に失礼じゃない!?いいの?

自由の戦士:その口調・・どっかで聞いた気が・・・

天の声:いいからっ このまま他のシーンに進んじゃってから、この後のシーンやり直しても単にエロいだけよ!自然な流れで続きをやらなくてどうして世界を救うって言えるの!???

自由の戦士:いや別に救うなんて一言も(;´∀`)

制服のシーンの後、余力でタオル撒いたシーンを撮ってあまりの出来の悪さに全部捨てて公開しなかった事があるだけに、メイドは2ポーズに絞ってその後は結末だけ文書にして終わるつもりだった。

しかし、翌日やり残した感にさいなまれ模擬戦シーンの数分後を今回として着手する事に決めた。

d86-2a.jpg

携帯用フープ!! の輪ゴムを使ったイメージ

ズキュッ ドッ パァンッ(服のはじける音♡)

かりん:こ、この力は!?

d86-3d.jpgかりん:くっ  (*´▽`*)      6/11あわわ度UP

d86-4.jpg

かりん:た…確かに強い!強くなった近衛〇太…!

かりん:けれど…けれど私はあなたを認めるわけにはッ

自由の戦士(主人公代行):何でハダカに?

かりん:あ…あなたが…

d86-1.jpg

剥いたんでしょうが!!

これで本当にこのシーン完結(∩´∀`)∩

 

 実はオラは「ネギま」は終盤挫折した派だったのですが、この作者の過去作品の流れで「ただ女の子いっぱい魔法ぴゅんぴゅん裸ドバーの話でしょ?」とか思って見てなかった人は、ぜひ「UQHolder」1話から(できれば小夜子編が省略されてない原作漫画版)を見直してほしい。この記事公開時点で161話も続いており、頭から一気に読めば至福の時間を過ごせると思う。今でも読み直すと5~6話分は没頭してしまう

 前回は偉大な魔法使いを父に持つマジメ少年先生の学園物だったけど、今回は主人公が「失敗作だ」「まがいもののコピー」「ぽっと出の新人」とか言われながら、「ネギま」のバッドエンド版の80年後の世界からほぼ「死にゲー」なみの努力で育ての親の幸福の為に這い上がってく熱い話になってる。ビジュアル的にもとても勉強になるポーズやシーンが多く。にぱきちが持っているドールとも親和性が高いんでしばらく題材にさせてもらってる。

なお、この作者は「同人マーク」の発案者でもあり最初に適用された作品でもあります。

 

前回は完成したメイド服とほうきの披露だったけど、今回は「ドールにいかに表情を与えるか」がテーマ。単なるサービス回ではないよwしかも顔の上書きではなく人形の造形を活かしたまま拡大でも耐える様にPhotoShopでの顔加工はゆがみの引っ張り機能だけで縛る。

1枚目は例によってフリクション消しゴムを挟んで実際に口を開いた状態で撮影。

その後にPhotoShopのゆがみツールで元々開けた口もとを頬の筋肉の方向にひっぱり、右まゆも中央をもちあげてあわわ状態にw 60m級巨人の筋肉をイメージするとわかりやすいかも


2枚目は消しゴムを外して閉じたノーマルに戻した。

前のシーンに繋げるのとほっぺに薄いピンクをつけるだけで思ったより表情豊かに見える。

 

加工で表情つけたとはいえ現実にそうなっている自然さには敵わず今回は相乗効果をねらってみた。下地になる化粧ってかなり大事に思った。

 

ちなみにこのシーン撮影してる時に嫁ちゃん入室。30分ぐらいセッティングしてるのを興味しんしんでみてたw

このブログで数少ない裸回なんでまずいなぁと恐縮しながら撮影。

びびって色々と縮み上がってたのでセフセフ

コメント

非公開コメント

にぱきち

実寸大ドールを目立たず収納!材質がデリケートなので長持ちさせたいと他のドーラーさんブログを見る様になって数か月。
恩返しに自分の体験や工夫も紹介するだけのつもりでしたが背景合成始めたあたりから撮影の面白さを感じる様になり、今はドールを使った「コスプレ画像」のブログになっています。原作を連想させるコスプレ時は作品を世にだしてくれた事に感謝し、キャラの性格を改変する様な創作しないのをポリシーに、ドールでどこまで似せられるかを追求。非コスプレ時は原作を連想するアイテムを封印し工夫を思いついたら適度に載せていく感じで更新して行きます。(エロは少年週刊誌ぐらいまでのレベルに落としてるんでモロ出しとかは期待しないでw)Twitterアカウント:@nipakichi